御朱印郵送のごあんない

新型コロナウイルス感染防止、またご遠方などの都合によりご参拝が叶わない場合は御朱印の郵送を承ります。以下の画像をご参考の上、那須乃木神社のホームページ、お問い合わせフォームからお申し込みください。なお、御朱印初穂料のほかに郵送料等で別途300円を申し受けますので宜しくお願いします。

⑧ 【七夕御朱印】 ご社殿と夜空を描きました。きこうでん(乞巧奠)とは陰暦七月七日の夜、牽牛星(けんぎゅうせい)、織女星を祭る儀式で、七夕まつり云います云います。

⑨ 【夏詣】 半年間の罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」。過ぎし半年の無事を感謝し来る半年の更なる平穏を願い神社に詣でる習慣を「夏詣」と申します。

⑩ 【慎独】 乃木将軍座右の銘である「慎独」の御朱印で、七月は朝顔でおとどけします。こちらの御朱印は御朱印帳に記帳申し上げます。(書き置きもご用意いたします)

⑪ 【オオタカ御朱印】 ご本殿の程近い森にオオタカが営巣しており、今はヒナが元鳴いて鳴いています。オオタカの飛翔にちなんで「運気上昇・立身出世」の御朱印を調えました。お初穂料は1000円をお願いいたします。

① 【乃木神社御朱印】 切り絵師「百鬼丸」による乃木将軍像       見開き2頁 初穂料1000円

② 【乃木別邸御朱印】 日本遺産、栃木県史跡の「乃木別邸」朱印。乃木将軍は那須野別邸で晴耕雨読の生活をされました。切り絵師「百鬼丸」による農夫姿の将軍像 見開き2頁 初穂料1000円

③ 【生駒神社御朱印】 乃木将軍の愛馬「殿号(しんがりごう)」にも由縁の境内社「生駒神社」の御朱印 印章は蹄鉄を象っています。1頁 500円

④ 乃木三絶と称される将軍作の漢詩のうちのひとつ「爾霊山(にれいさん)」の御朱印 見開き2頁 初穂料1000円

⑤ 同じく「凱旋」の御朱印 見開き2頁 初穂料1000円

⑥ 乃木三絶で最も著名な「金州城外の作(きんしゅうじょうがいのさく)の御朱印 準備中です。近日中に頒布開始予定です。

⑦ 令和3年干支 【丑年 農人乃木将軍と牛】

那須塩原市は本州最大の生乳生産地です。丑年にあたってホルスタイン柄のご朱印をご用意しました。

月別御朱印・季節の御朱印・祭事の御朱印などのバックナンバーをご紹介します。なかにはご用意出来るものもありますのでご希望のかたはお問い合わせ下さい。

【6月ご朱印 水無月の雨】 「狭田長田瑞穂の束もまさりけむ 神のめぐみの水無月の雨」 御祭神の和歌と雨に濡れる新しい銅板屋根の拝殿を描いています。お初穂料は1000円をお願いいたします。

【5月ご朱印 御田植祭】 乃木別邸神饌田の御田植祭の様子を描きました。

【4月御朱印 夜桜】 市の天然記念物に指定されている「乃木神社のシダレザクラ」、夜の姿をかたどりました。

【4月御朱印 ヤマザクラ】 「宮つこの朝清めする袖の上に ほろほろとちる山櫻かな」 境内を掃き清める神職巫女の袖に、ヤマザクラの花吹雪が舞う状を詠んだ、乃木将軍作の和歌を御朱印にいたしました。

【3月御朱印 ひなまつり】 御祭神乃木希典命ならびに静子命をお内裏様に見立てました。右近の橘、左近の桜と申しますが、左右はお内裏様から見た方向になります。

【3月御朱印 木蓮】 乃木将軍作の漢詩をイメージしました。雪かと思わんばかりの白い木蓮を見上げた際の将軍の心持ちが詠まれています。

【月別御朱印 2月 梅苑】 乃木将軍作「春あさみ とふ人もなき梅ぞのを 我がもの顔に 鶯の鳴く」の和歌

【月別御朱印 2月 令和】 令和の典拠となり一躍しられることとなった万葉集序文より

【令和3年新春御朱印 限定 金】 切り絵師「百鬼丸」による軍装乃木将軍像 見開き2頁 初穂料1000円  金地に赤富士・日輪と乃木将軍作「富嶽」漢詩

新春御朱印 金

【令和3年新春御朱印 限定 銀】 切り絵師「百鬼丸」による農民姿乃木将軍像 見開き2頁 初穂料1000円  銀地に赤富士・日輪と乃木将軍作「富嶽」漢詩

新春御朱印 銀

【天長祭御朱印】2月23日今上陛下の御誕辰を奉祝し、令和の御代の弥栄を祈念いたします。なお令和2年度のご用意は終了しました。

【節分立春御朱印】節分に欠かせない福豆、ヒイラギいわし、南天と立春大吉のお札をあしらいました。

令和2年9月13日 乃木神社例祭にあわせて「令和御大典記念事業竣功奉告祭」を斎行いたしました。記念事業に対して御奉賛いただいた皆様に「特別御朱印」と「銅板守」をお贈りします。

乃木神社拝殿は、大正5年に建立され当初茅葺きでした。昭和12年に銅板に葺き替えられましたが、八十有余年の歳月で銅板の傷みが激しく、令和の御大典を記念して新たな銅板に葺き替えました。

御朱印は新たな銅板をまとった千木と、昭和12年の改修時の図面を象ったデザインで、乃木神社の文字は東郷元帥揮毫の文字です。

「銅板守」は短冊状に刻んだ昭和12年の屋根銅板を内符として納めた貴重なお守です。

記念事業の募集は現在も継続しています。2000円以上の御奉賛をいただいた方には上記の御朱印とお守を贈呈いたします。奉賛のお申し込みはお問い合わせフォームからお願い致します。